発信しなければ届かない

2018.3.19(月)

本日は「職場の教養」3月号より

17日(土)分の記事を紹介します。

タイトル : お客様との架け橋

======= ここから =======

埼玉県で建設業を営むK社では、毎月、

「木ごころ通信」という社報を発行しています。

通算二五〇号を超え、発行から二十一年が経過

した現在、同紙の存在は、お客様とより良い

関係を築く一助となっています。

紙面には、身近な出来事を題材にしたコラム

や地域の行事案内、また、同社施工現場の紹介

や、お客様からの感想などを掲載しています。

発行当初は、建築に関する内容が中心でした。

しかし、ある時、社長自身の体験談を記事に

すると、多くの反響がありました。難しい専門

知識より、日常の些細な出来事のほうが身近に

感じられたのでしょう。

住宅の新築やリフォームを手がける同社は、

引渡し後に、お客様のもとを尋ねる機会は

多くはありません。それでも、継続して社報

を届けることで、長いお付き合いができる

ようになったと言います。

住宅はお客様にとって大きな買い物です。

末長く快適な暮らしができるよう、お客様の

笑顔を思い浮かべ、手紙を書くように通信を

発行しています。

======= ここまで =======

私も、2013年6月から、このブログを

書いています。(月~金、1営業日に1回発信)

私の場合は直接お客様に向けて発信している

訳ではありませんので、直接的な反響はあまり

ありません。

しかし、それでも読んで頂いているお客様も

少なからずおられるようで、たまにお世辞を

賜ることがあります。

お客様へ向けてのものは、営業スタッフが

交代で、パッケージNAVIというブログを

2014年8月から不定期ですが週に1回

程度、発信しています。【 http://kpac.biz/ 】

こちらの方が反響は多いです。(興味のある方

は、一度読んでみて下さい。)

地道ですが、こういった発信を続けてきた

ことで、今ではコンスタントに仕事の依頼の

問い合わせを、20~30件/月 程 頂ける

ようになりました。

自分達が、どんなにお客様の事を大事

考えていても、伝わらなければ考えていない

のと同じです。お客様のために一生懸命に

仕事をし、丁寧に依頼をやり遂げても、その

過程や考察などはお客様にはわかりません。

お客様は依頼仕事の仕上りで、我々のことを

推し量るしかないのです。

ですから、自分達が普段から何を考え、どう

いう思いで仕事をしているか、どんな環境で、

どんな設備でやっているか等、自ら発信する

ことがとても大切だと私は思います。

皆さんも是非、熱い思いを発信して下さい。

 

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・「人を見る目」
苦労を通してしか養われない。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ