評論家はいらない

2018.3.20(火)

「自分は、周囲の同僚達と比べて、能力が

劣っているという訳じゃあ無い。いや、むしろ

自分の方が頭がいいと思うのに、どういう訳か

上司に好かれない」と悩んでいる人は意外に

多い様です。

しかし、私に言わせれば、「能力さえあれば

上司に好かれる」というふうに思っていること

自体が「分っていない」と思わざるを得ません。

「能力があれば上司に好かれる」なんてのは

幻想に過ぎません。これは、上司が部下に嫉妬

している訳でも、扱いにくさを感じている訳でも

ありません。実は、知恵の回る人物ほど、口先

だけの評論家になりやすいからなのです。

皆さんもよくTVで【〇〇評論家】という肩書き

の人が話しているのを見ることと思います。

こういう人達を見ていると分ると思いますが、

評論家は、自分では決して作品を作らず、美点を

褒めることよりも欠点をあげつらうのが上手です。

そんな風な部下に仕事を頼むと、「我社は販売網

が弱いので難しいですね」とか、「この不況下に

その価格じゃ、誰も買いませんよ」などと、先ずは

決まって「・・・だからできない」という言い訳

から始まります。

しかし、上司の立場からすると、これは手抜きの

ための予防線を張っているだけにしか思えません。

当然、そんな部下を好きになれるはずもりません。

本当に評価されるべき人とは、「不利な条件下で

良い結果を出す人」です。ですから、少々能力が

あっても、言い訳ばかりでなかなか行動に移せ

ない人なんかより、多少周りより能力が低くても、

ダメ元で即仕事にぶつかっていける部下のことが

上司は大好きなのです。

会社員にとって最も大切なのは行動力です。

「考より行」頭で考えるより先ずは行動(実行)

してみることが大切です。やってみて不具合が

生じたならば、やり方を変えてみればいいだけ。

皆さんも先ずは行動してみて下さい。

 

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・「評価基準」
直属上司の独断と偏見が一番正しい。完全な
基準などできない。大切なのは、前もって
基準を明確にすることです。各項目ごとに
行う。過去6ヶ月の評価は5分で行うこと。
時間をかけると情が出る。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ