前向きな振り返り

2018.3.29(木)

皆さんは本間正人さんをご存知でしょうか。

本間さんは、松下政経塾の卒業生(第3期生)

で、学習学という学問を提唱する人物です。

【学習学とは、学習者の視点から、学習活動や

教育活動などを捉える学問のことで、「人生

(経験)から学び、人間として成長する」

というモデルを基調としています。】

その本間さんの話を以前に聞いたことがあり

ますので、本日はそのお話を少々・・・

本間さんが言うには、人を学習者として見た

場合、良い学習者、普通の学習者、悪い学習者

の3つに分類されると言います。(なんだか、昔の

萩本欽一さんのTV番組を思い出しますね。笑)

普通の学習者とは、自分が失敗したら、

次には、行動を修正する人。

良い学習者とは、自分が失敗する前に、

他人の失敗から学べる人。

悪い学習者とは、懲りずに何回も、

同じ間違いを繰り返す人です。

と、言っておられました。

大切なのは、普通以上の学習者になる事で、

その秘訣は、その失敗について、「きちんと

振り返るかどうか」だそうです。

また、その振り返りにおいて、「ここが悪

かった」「あそこがダメだった」と、悪い点

ばかりを見るのではなく、「こうすれば上手く

いったかもしれない」などと、前向きに

振り返ることが重要なのです。ということ

でした。

我々も、仕事において、上手くいかなかった

ことに対して、「次はこうしよう」「あそこを

変更しよう」というように前向きに振り返り、

次に活かしていけるよう、心掛けたいものです。

 

皆さんも是非、前向きな振り返りを・・・

 

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・・「無責任」
報告上手の人です。責任の範囲をあまりにも
明確に文書化すると起きるものです。自分
(自分の部門)の責任として決められていな
いことには責任をもつことはないというよう
に行動するようになる。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ