常識=非常識

2018.4.3(火)

以前、腹痛を覚えて病院へ行った時の話。

先生の診断によると腹痛の原因は、ウィルス

性の胃腸炎。問診時に先生が、「下痢が治まる

までは、しっかりと水を飲んで下さい。下痢が

治まってきたら、あまり飲まなくてもいいです

からね。」とおっしゃいました。

「腹痛の時は水をたくさん飲まないとダメ?」

と思い、それまであまり聞いたことが無かった

ので、私の中でなんとも意味不明だったもの

ですから、思わす先生に理由を尋ねました。

すると、「下痢の時は排便と共に体内の水分が

たくさん出てしまうので、その分水分補給を

しなければいけないのです。」とのことでした。

健康に詳しい方や、小さなお子さんをお持ちの

お母さん方なら常識の話なのかも知れませんが、

普段から病院嫌いであまり病院のお世話にならない

私には、全く知り得ない事実でした。

仕事においても、自分達の会社の中や、業界の

中で普段から当り前に話しているような事柄でも、

お客様からすると、全く意味不明な事柄であったり、

たとえ説明を受けていたとしても、その真意が

全く伝わっていないこともあるのでは?と思います。

また逆に、ライバル会社や他の業界では常識に

なっているような事柄でも、自社には全く無い文化

だったり、考えもつかないような事柄であったり

する場合もあるでしょう。

ですから、お客様と話す時には、よく考えて相手に

分り易い言葉で伝えるようにし、きちんと理解出来て

いるかどうかを確認することが大切です。そして、

自社では非常識な事柄で、他社では常識として成果を

上げているような事柄は、どんどん自社に取り込んで

試してみることが大事だと思いました。

「常識」という言葉はあっても、実際に「常識で

あるかどうか」は、それを考える人の中にのみある

もので、本当の意味での「常識」とは存在しない

のではないかと思います。

 

自分(自社)の常識=他人(他社)の非常識
他人(他社)の常識=自分(自社)の非常識

 

皆さんも是非ご一考下さい。

 

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・・「メモ」
伸びる人の条件は、メモをとることです。
メモをとって確実に処理し、対処する。それ
によってのみ状況は改善されます。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ