楽しめる人、楽しめない人(2)

2018.4.12(木)

昨日の続きです。今度は逆に仕事を楽しめ

ていなさそうな人を観察した時に見えてくる

共通項ですが、先ずは「他人と比べたがる」

という感じの人ですね。

他人と比較しても、自分にとってメリット

が無いどころか、むしろマイナスです。

自分よりも優秀な人と比較して、自信を

無くしたり、自己嫌悪に陥ったり、嫉妬や

羨ましさを感じて余計に自分を追い詰めて

しまうだけです。

自分と他人とは個性が違います。比較する

より、自分をどう活かすかを考えた方が、

楽しく仕事に取り組めます。

次に「人間関係を上手に構築できない」

人です。

時に人間関係は仕事のストレスになります。

しかし、他人に不満を感じたとき、一度立ち

止まって考えてみてください。自分は相手の

ことをきちんと理解していますか?

人間関係は一方通行では成り立ちません。

双方向のコミュニケーションが取れて初めて、

関係性が構築されます。感情に任せて相手を

嫌いだと判断する前に、相手にはどのような

考えがあって、そのような言動に至ったのかを

相手の気持ちになって考えましょう。そして、

冷静になってから、人間関係をより良くする

ために、自分に何ができるのかを考えて

みればいいと思います。

最後に「大きなやりがいを求めすぎている」

人です。

仕事への不満として「やりがいがない」と

言う人がいます。しかし、そもそもやりがいとは

いったい何なのでしょう。 最初は、些細な

ことでもよいので、楽しみを見出し、前向きに

取り組んでください。それをやり切っていく

うちに、自分も成長し、仕事のやりがいへと

繋がっていくのです。どんな仕事に対しても、

まずは好きになり、面白さを見つける努力を

してみてください。

 

仕事が楽しくない、という方はまずその

理由を考えてみてください。自分ではどう

しようもないことばかりではありません。

同じ部署で同じような仕事をしていても、

それを楽しんでいる人と、楽しめていない

人がいるのは何故でしょうか。多くの場合、

その原因は、仕事や人間関係に対するそれ

ぞれの気持ちや、日々の行動の積み重ねに

よるものなのです。

 

仕事や人生を楽しいものにするためには、

くよくよ悩んだり、誰かのせいにしたりする

のを止め、全ての事柄の原因を自分の内に

見出して、それらを自分のプラスになるよう、

気持ちを切り替えることが大切なのだと理解

して下さい。

 

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・「温かい組織」
部下が上司に従うのは、魅力という情のウェ
イトが高いからです。情のない組織は、規則
やシステムを数多く設けて社員を従わせよう
と工夫するが、むしろ冷たい関係になって、
個人無視、自由度のない経営を進めることに
なる。人間が息苦しいと感じるような経営は
長続きしません。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ