顧客御招待日(工場見学会)③

2013.12.26 (木)

昨日の続きより・・・
本日は最終工程であるグルアー部の案内から
ですが、その前に・・・

IMAG0504

昨日までに掲載していた写真では確認
出来なかったと思いますが、この写真
ならよく見て頂ければ確認できると思います。
実機の実演を行っている者がマイクを
装着している事、手前のお客様がイヤホン
を装着している事が確認出来るはずです。

事前シミュレーションで工場内では機械の
稼働音が結構大きくて、マンツーマンで
無ければ説明が聞こえない事が
判明していましたので、今回の本番時より
インカムを取り入れ、お客様にはイヤホン
を装着頂き、無線で説明を聞いて頂く事
にしました。これは結構な威力を発揮し、
お客様にも好評でした。同様の事を企画
されている方にはお勧めの商品です。

では、グルアー部へ・・・

 IMAG0512

【これは実機の説明を行っているところ】

IMAG0513

【これは糊検知機のモニターをみながらの
 説明を終えたところ】

ここではさほど説明は必要ありません。
というのも、この機械は、商品がどの様に
折り曲げられ、何処に糊付けされ、どの様に
たたまれて商品として仕上がっていくかを
目で見て確認する事の出来る機械構造になって
いるので、正に『百聞は一見に如かず』
なのです。 そして糊の塗布位置をカメラで捉え、
1枚1枚塗布状態をモニターで確認出来る
仕組みも好評でした。

これで工場見学は一応終了です。
後は、もう一度説明会場まで戻って頂き、
本日の感想等のヒヤリングとアンケート表
への記入の御協力を頂いたところで全工程
の終了となります。開始~終了迄 2時間
程度の内容なっています。
しかし、少し長い拘束時間となりますので
1時間半程度で収まる様に組み立て直した
方が良いか? とも思ったりしています。

最後はわざわざ足を運んで頂いたお礼に
ちょっとした手土産をお渡しして御見送り
し、お客様の姿が見えなくなった時点で
全て終了となります。
まだまだ見直していく部分も多いですし、
練習も重ねなければなりませんが、初回
としてはまずまずの出来だったと思います。

後日、D社様の社長様よりお礼とお褒めの
電話を頂戴いたしました。特に、「工場スタッフ
の挨拶の気持ちよさに感動した」。と、お伺い
した社員が言っておりました。と言って頂けた
のが大変うれしかったです。

3日に渡る長いリポートとなりました。
おつきあい頂いた皆様、有難う御座いました。
では、また。・・・

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ