少々お待ち下さい

2018.4.17(火)

以前にJALファーストクラスのチーフ

パーサーとして30年乗務してこられた、

【江上いずみ】さんの本を読んだことがある

のですが、その中に、心遣いを表す言葉遣い

のお話が載っていました。

例えば、皆さんがレストランで食事をする

とき、「お水を下さい」とウェイトレスさんに

お願いすることがありますよね。そういう時、

返ってくる返事はたいてい「少々お待ち下さい」

ですよね。

役所で書類を貰う時も、「少々お待ち下さい」。

電話を取り次いで貰う時も、「少々お待ち下さい」

です。

私達は普段からこういった言い方に慣れ

いるので、特別、違和感は感じないでしょう。

しかし、日本航空では、お客様から「〇〇を

下さい」と頼まれた時の正しい対応は、

「はい、かしこまりました。直ぐにお持ち

致します」だそうです。

実際に〇〇を用意してお客様に渡すまでの

時間は、他の会社とほぼ同じで、特別早い訳

ではありません。しかし、「少々お待ち下さい」

と言われるのと、「はい、直ぐにお持ち致します」

と言われるのとでは、受ける側の印象は全く

違います。

逆に言えば、何かをお願いされたときに、

「はい、直ぐにお持ち致します」という返事を

するだけで、相手に「お待たせ致しません」

という心遣いを表すことが出来るのです。

我々の仕事におきましても、「少々お待ち

下さい」ではなく、「すぐに〇〇致します」

など、ちょっとしたことでも、お客様への

心遣いが見える、言葉の使い方ができるように、

心がけていきたいと思います。

 

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・「環境整備」
会社の文化です。物をピカピカにすることで
す。社長以下全員が自らの手で行い、煩わし
さ、面倒くささを克服し、大切な仕事として
昇華した時、全員の活動に心がこもり、サー
ビスに心がこめられ、お客様の信頼を勝ち取
ることができます。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ