果敢に挑戦

2013.12.27 (金)

本日は表題の記事を 「企業時報 №955」
より抜粋、御紹介します。

=== ここから ===

何かをやろうとすると必ずといって
いいほど、途中で壁にぶつかります。
例えばゴルフです。 ゴルフはある程度
までは順調に上達しますが、ある所から先は
急に前へ進めなくなります。
シングルプレーヤーになるには、必ず
超えなければならない壁があるのだそうです。
ところがこの壁は容易には越せません。
しかし、越せないからといってそこで止めて
しまえば、技術の現状維持どころか低下が
始まります。  これも有名なピアニストが
練習について語った言葉です。「一日サボれば
自分に分かり、二日サボれば仲間に分かり、
三日サボれば聴衆に分かる」
仕事もこれと同様で、最後まで何の苦労も無く
完成というケースはそれほど多くはありません。
途中で何らかの壁にぶつかることでしょう。
問題なのは、その時です。
急に前に進めなくなったからと言って、
落胆したり、「もうダメだ」と諦めて
投げ出してしまうようでは、それまでの時間と
労力は全てムダになってしまいます。
どんな壁にぶつかろうとも、決して諦めては
いけません。乗り越えられない壁は無いのです。

=== ここまで ===

上記のように、何事も諦めず目標に向かって
努力を継続していく事がとても大事だと私も
考えています。そしてその考えの基、今期
よりスタートさせた『環境整備』という
取組み、少なくとも私が社長として在籍
している間は継続していく決心です。
そして、出来ればその後も未来永劫継続
していける企業文化となれば幸いと
考えています。

と、本日はこの辺で では、また。・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ