仕事を管理するためのポイント

2018.5.14(月)

私共のような小規模の会社において、管理

職にある者が仕事を管理するためには、2つ

のポイントがあります。

まず1つは、難しい要求はしないことです。

たとえば、月に100万円を売り上げるのが

やっとの部下に対して、「今月は1000万円

売って来なさい」なんて指示を出してはいけ

ません。私共のような小さな会社に入社して

くる人材(有難い人材)は、「それなり」の

人材でしかありません。いきなり高度な要求

を見せたところで、出来るはずないですから。

目安としては・・そうですね、「前月比5

パーセント増」くらいでしょうか。すなわち

先月100万円売り上げた部下に対しては、

今月は105万円を目標の目安にしておく。

これくらいなら皆さんの指導と、部下の多少

の頑張りでなんとかなります。但し、「12

カ月連続で5パーセント増」となると、これ

は明らかに「高度なこと」になってしまい

ますから、適宜差配してください。

そしてもう1つのポイントは、仕事の徹底

の為に必要ならば、低レベルで凡庸なことも、

徹底する努力を厭わないことです。

たとえば我社には、M君というめっぽう朝

に弱い社員がいます。平均して月に3~4回、

安定して遅刻してきます。はじめの内は直接の

上司の指導に任せていたのですが、どうにも

改善の兆しが見えません。

見兼ねた私は、M君を直接叱りました。

するとしばらくは遅刻せずに出社するように

なりましたが、それも長くはもたず、3カ月

もしない内に、またちらほら遅刻するように

なりました。

このままでは私が他の社員に舐められます。

困った私は、今ではモーニングコールでM君を

起すようになりました。

昨日今日社会人になったばかりの人間では

ない、いい大人に対して何故そこまで世話を

やかねばならないのか、バカげた話だと思わ

れた方も多いでしょう。私も心情的にはそう

思います。

しかし、こういう低レベルなことをしてでも

会社の決まりである以上、徹底して社員に守ら

せることが重要なのです。こういったことが、

会社の方針や命令をきちんと守らせることに

繋がるからです。

会社のルールや方針・命令は、何が何でも

守らせる。ということを徹底して行っている

からこそ、業績も上げていけるのです。

 

~~少しでもご参考になれば幸いです。~~

 

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・「社員教育」
1)他人に見ていただく。
2)マンツーマンが基本です。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ