実力をつけるには

2018.5.16(水)

昨日のブログ「チャンスの時代」でお話

した様な、ライバルとの相対的な関係により

勝ったり負けたりということは、何も企業間

の競争に限った話ではありません。もっと

身近なシーンでも、同様のことが言えます。

例えば、皆さんにも社内にライバルと呼べ

る人が居るでしょう。同期なり、別部門の

管理職なり、あるいは上司なり、・・・・

そして皆さんはときどき組織を見渡して、

「どうしてあんな使えない人が出世している

のだろう」「何故あの部門が優遇されている

のだろう」なんて、不満に思うことがある

はずです。

組織は、何らかの行きがかりで実力のない

人間が部長になったり、高い賞与を得たり、

といった理不尽がしばしば発生します。当然

我社にもあります。組織の都合や人事の都合

等もあって、なかなか思い通りにはいかない

ものです。

この種の不公平はある程度は受忍して貰わ

ざるを得ないものですが、しかし安心して

下さい。これからは、そうした不満を持った

人たちが、その実力に見合った評価と待遇を

受ける可能性は、次第に高くなっていきます。

それは裏返していえば、皆さんに「正しく」

出世の機会がめぐって来るということです。

これまでのビジネスシーンでは、縁故とか

ゴマスリとか宴会とか愛嬌とか接待とか、

とにかく本来の仕事上のスキルとはあまり

関係のないところも込みで評価・選別がされ

ていました。しかし、これからは皆さんの

(或いは皆さんの率いる部門の)実力が正当

に評価される時代に少しずつなっていくこと

になるでしょう。そう、昨日と同じですが、

これはチャンスなのです。但し、皆さんが

きちんと実力を蓄えていれば・・・という

前提条件付きですが・・・。

では、どうすれば実力がつくでしょうか?

日々の業務に対して常に全力で取り組み、

決して惰性で流さないことです。目の前に

ある課題・難題から逃げず、解決のための

最大の努力を続けることです。そしてこれを

毎日少しずつ積み重ねていくことです。

つまるところ社会人としての実力は、仕事に

よって磨くしかありません。

つまり、これからの数年がチャンスの時

となるのか、逆にピンチの時となるかは、

ひとえに皆さんの心がけ次第だということ

ですね。

 

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・「巡回点検」
事前に行く日を発表する。抜き打ちチェック
は効果がない。社員がその日だけきちんとや
るだけでも、やらないよりは効果がある。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ