メッセージはシンプルに

2018.5.28(月)

とある会社でのお話。「ライバル社のシェア

を奪え!」と、トップである社長から指令が

下りました。

それを受けた第一営業部と第二営業部の

二人の部長は、早速自分の部下達を集めて

ハッパをかけたのですが、そのアプローチは

全く違ったものでした。

第一営業部の部長は、数々のデータを元に

戦略を練り上げ、たっぷ30分ミーティング

で作戦を説明し、部下を送り出しました。

一方、第二営業部の部長は翌朝の朝礼時に

社長の指令を伝え、「今回はオセロ作戦で

いきましょう! とにかく担当エリアでライ

バルに奪われたシェアをひっくり返して下さい。

頼みましたよ」と、メモの必要もない簡単な

コメントを発したのみでした。

そして2ヶ月後、シェアを取り戻したのは

はたしてどちらの部だったか。・・・

 

答えは第二営業部。

 

「第一営業部の方が結果をだすだろう」

そう考えた方は決して少なくないでしょう。

もし20年前の私がこの指令を受けた部長

だったら、恐らく第一営業部の部長と同じ

ような行動をしてたと思います。

しかし、実際に成果を上げたのは第二

営業部。シンプルなメッセージほど、良く

伝わるといういい例ではないでしょうか。

長い説明は、かえって焦点をぼやけさせて

します。伝達事項はせいぜい3分以内が

いいです。

優秀な管理職は、難しい話をやさしい言葉

で部下に伝えられる人です。

皆さんもぜひ、そんな能力とセンスを磨いて

下さい。

 

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・「新人研修」
講義中心の研修よりは、実践重視の研修の方
が効果は大きい。体で覚えないと、現場では
役に立たない。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ