経営理念

2018.6.5(火)

本日は「職場の教養」6月号より

3日(日)分の記事を紹介します。

タイトル : 基準はここにある

======= ここから =======

本日は測量の日です。昭和二十四年六月三日

に「測量法」が制定されたことに基づいて、

建設省(現在の国土交通省)が定めました。

測量とは、地球上の任意の地点の位置や方

向を求めて、それをもとに土地の広さなどを

定めることです。

その歴史は古く、古代エジプトの時代から

行われていたといわれます。日本では、江戸

後期に全国測量を行った伊能忠敬が、日本地

図を完成させました。

街中の道路脇や公園の一角、見晴らしの良

い丘陵地や山の頂上付近で、石や金属製の小

さな標識が埋められていることに気づくこと

があるでしょう。

これらは基準点と呼ばれています。基準点

には、地球上の位置や海面からの高さが明確

に示されており、あらゆる測量の基準となる

役割を担っています。

企業において、基準点にあたるものは、

経営理念や社是でしょう。新しい事業を始め

ようとする時、または、仕事で迷いが生じた

時は、経営理念や社是に立ち返って照らし合

わせてみることが大切です。

======= ここまで =======

経営理念とは、企業の創業者や経営者が示す、

企業の経営や活動に関する基本的な「考え方」、

「価値観」、「思い」、そして「企業の存在意義」

を指すビジネス用語のことで、主に行動規範や

経営姿勢を社会や顧客、社員に向けて、発表

することで企業の社会的責任を示すものです。

ここで、現在の我社の経営理念を記します。

____________________

我々は、お客様に喜ばれる仕事を通じて
世の中の発展と繁栄に貢献し
あわせて全員の成長をこいねがう

運命共同体としての同志と

一、 お客様第一主義
二、 我々の成長と安全に全力をつくし
三、 全員の物と心の向上に努力する

以上三つのメリットが一致する様な経営を
行うことにより広く社会に奉仕する

____________________

経営理念は、社員の行動指針や企業の姿勢を

示す重要な役割を担い、時代の流れとともに

変化していくものです。

広義的には「企業理念」という言葉と同義

とも言えますが、突き詰めると、「企業理念」

とは、「創業者が会社に託した想い」と定義

され、経営理念はその時々の経営者が、企業

理念を継承しつつ、時代の変化やニーズに

あわせて、再定義・再設定していくものと

定義できます。

いずれにしても、企業人ならば、常に心の

奥の中心部分にしっかりと持っているべき

大切なものです。

皆さんは自社の経営理念をしっかりと心に

刻み込んでいますか?

 

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・・「手」
手は脳の出先機関です。頭でなく手を使えば
収入になる。1)先手を打つ。2)手数を出
す。3)手を入れる。4)手を尽くす。5)
手をつなぐ。6)手を結ぶ。7)手を合わせ
る。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ