強い社会人

2018.7.3(火)

本日はいきなりの質問からスタートです。

「あなたは誰からお金を頂いていますか?」

この質問に「社長から」「会社から」と

答えたあなた、あなたは本当の意味で強い

社会人になるのは難しいでしょう。何故なら

あなたは根本の部分で考え違いをしている

からです。

確かに実際に給料を払っているのは、社長

であり、会社です。しかし、その社長や会社は

誰からお金を貰っているか。それは紛れも無く

お客様です。

つまり、人は皆お客様のために仕事をして、

お客様からお金を頂いているのです。この

大前提を理解していなければ、強くはなれ

ません。

もう一つ質問です。

「あなたに仕事を教えてくれるのは誰ですか?」

この質問の正解も「お客様」です。多くの

人は「先輩」とか「上司」と回答するでしょう。

これも先程と同じように繰り上がって考えて

いくと、最終的には「お客様」に辿りつきます。

勿論、先輩や上司のように直接指導という形

ではありませんが、クレームや要望といった形で

「こうした方がいいですよ」「こうされると

嬉しいですよ」と教えて下さいます。

そして、そういったお客様の教えに応える

ことで、会社というものは成長できるのです。

お客様の教えをおろそかにする会社は、いずれ

消え行くことでしょう。

 

よく考えてみればとても有難いことだと

気づくはずです。お客様は、私たちに仕事を

教えてくれて、そのうえ、お金までも払って

下さるのですから。・・「お客様は神様です」

という言葉にも、うなづけるというものです。

私たちは会社のために働いているのでも、

社長のために働いているのでもありません。

お客様のために働いているのです。この大前提

を決して忘れてはなりません。

この大事なポイントがブレない人こそ、

「強い社会人」となりえるのです。

 

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・・「魅力」
持って生まれたものではありません。ほかと
ひと味違った価値観、行動様式をもつことで
す。魅力には、つくり上げるという動的なイ
メージがあります。会社の魅力は2つありま
す。1つは商品で、もう1つは人です。どち
らが欠けても、会社には魅力が感じられませ
ん。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ