売上を増やす方法

2018.7.13(金)

売上を増やす方法は2つあります。一つは

お客様の数を増やす方法、そしてもう一つは

お客様の単価を上げる方法です。

さて、この二つの方法、皆さんならどちら

を選びますか?

私は、先ずお客様の数を増やす方法を優先

して行います。何故なら、その方が簡単だか

らです。

月に1度家族でひとり1万円のディナーを

楽しむ家庭があります。この家族は5人なの

で、月に1度5万円をディナーという楽しみ

に充てているのです。皆さんはこの家族に、

ひとり2万円のディナーを勧めるのと、同様

の新規客を獲得することのどちらが簡単だと

考えますか?

こう尋ねれば分りますよね。 人は使える

お金が決まっているものです。少なくとも

収入が1.5倍位にならないことには、月に

1回5万円の楽しみが10万円に上ること

はありません。しかし、月に1回5万円の

楽しみを求めるお客様は、他にもたくさん

存在します。

「客数増も客単価増もどちらも同じだ」

と考える社長はちょっと危険です。そんな

風に考える人に限って、安易に(付加価値

を高めずに)無理な値上げをしかねません。

そんなことをすれば客離れを引き起こすに

決まっています。客単価が上っても、その

分以上に客数が減ってしまえば、売上は減少

の一途です。

客数が増えて売上が伸びることを『成長』

と言いますが、無理に客単価を上げて売上が

増えたとしても、それは『膨張』でしかあり

ません。

膨張は、ちょっとした綻びで直ぐに破裂

してしまいます。売上増を客単価アップで

実現させようとするのは無謀且つ危険な行為

と言わざるを得ません。

勿論、例外が無い訳ではありませんが、

皆さんも是非、この真理を忘れないで頂き

たいものです。

 

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・「お知らせ」
自分が使わない、いらないからといって、お
客様も必要としていないとは限りません。使
うか、使わないかは、お客様が決めることで
す。新商品情報は全てのお客様にお知らせす
ることが大切です。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ