人生成功の方程式

2018.7.23(月)

京セラの名誉会長:稲盛和夫氏が提唱され

ている「人生の方程式」という考え方があり

ます。これは、「人生・仕事の結果=考え方×

熱意×能力」というもので、人生を成功させ

るためには、このうち「考え方」という要素

が特に重要だと稲盛氏は言います。

能力とは、頭の良し悪しだけでなく、肉体

的な能力や健康状態も含む先天的なもの。

熱意とは、「誰にも負けない努力をしよう」

「一生懸命頑張ろう」という気持ちを持つこ

とで、能力と違って後天的なもの。

そして、この二つには、点数で表せば、0

(ゼロ)点から100点まであります。

しかし、最後の「考え方」というものには、

ネガティブなマイナスの考え方もあるので、

マイナス100点からプラス100点まである

との事。だから、例え「能力×熱意」で良い

点数をとる人でも、いえ、良い点をとる人ほ

ど、考え方がマイナス点だと、人生の結果は

大きなマイナスになる。

つまり、この三つのファクターで最も大切

なのは「考え方」なのです。と言っておられ

ます。

私もこれを知った時、なるほどその通りだ

と思いました。稲盛さんは、若い頃から次元

の高い目標や理想を持って、生真面目に努力

を重ねてこられたのだと感じました。

でも、私が「なるほど」と思ったのは、そ

の生真面目なところではなく、まさに「人生

・仕事の結果=考え方×熱意×能力」という

計算式そのものにです。

例えば会社経営、私も経営者の端くれです

から、5年後には今の1.5倍の売上規模にし

たいという位の気持ち(考え方)は持ってい

ますが、5年先に10倍の売上規模にしたい

とは思っていません。1.5倍と10倍では、

その方法論は全く違います。又、将来のビジ

ョンとしても、「上場会社にしたい」という

ような考えは持っていません。社長の私がそ

う思っていないのですから、我社が上場企業

になることはありません。

つまり、会社というものは、社長の考えて

いる以上にはなりようがないのです。そうい

う意味において、稲盛氏の言葉に「なるほど」

と感じたのです。

最終的に何が言いたいかというと、強い会社

(組織)を作るには、トップより優秀な人材も

極端に出来ない人材も不要、そして考え方(

価値観)をできるだけ揃えることに注力する事

が大事だということです。

皆さんも是非、自身考える強い会社(組織)

を作って下さい。

 

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・・「簡潔」
5W1Hが表現されていて、1つの事柄がお
およそ60字程度に収まっていることです。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ