愛される人

2018.7.25(水)

皆さんは「出きる人」「頭の良い人」と聞

いて、どんな人をイメージするでしょうか?

多くの人は、いわゆる「天才」とか「秀才」

と呼ばれるような人をイメージされるのでは

ないでしょうか。

私がイメージするのは「愛される人」とか、

「可愛がられる人」です。

どんな天才でも、全ての事柄に秀でた人は

いません。どんな秀才でも、ひとりが一生の間

に学べることは、たかが知れています。

同様に、企業においても、ひとりで行える

ことにはおのずと限界があります。

「勉強ができる」とか「物知り」とか「数字

に強い」といった事よりも、人から「愛される」

とか「可愛がられる」事の方が大切な事なのだと

私は思います。

「〇〇君は、いつもよく頑張っているから

きちんと教えてやろう」とか、「△△さんは、

苦労している様だから助けてあげたい」と、

人から愛され、可愛がられて、どんどん知識や

知恵が集まってくる人、これが本当に頭の良い

人だと私は思うのです。

「可愛がられる」と聞くと、媚(こ)びる、

愛嬌(あいきょう)をふりまくといった事柄を

イメージする人もいるかもしれません。しかし、

「愛される」「可愛がられる」ことの本質とは

そういったことではなく、「素直」「真摯」「謙虚」

です。そして、「愛する」「可愛がる」ことの

本質とは「叱る」ことです。

人を育てる(成長させる)には、良いところ

を伸ばし、欠点を潰さなければなりません。

良いところを伸ばすには「誉める」。欠点を

潰すには「叱る」。この二つが大切です。特に

「叱る」は、具体的に「あなたのした〇〇が、

こういう理屈でダメでした。」と、きちんと

理論立てて叱らなければいけません。(決して

人格否定的な叱り方をしてはいけません)

只、「叱る」ことは本当に難しいもので、

現場に任せてしまうと上司・先輩それぞれの

我流で叱ってしまう恐れがあります。また、

昨今の「パワハラ」「モラハラ」騒ぎに過剰に

反応して、部下・後輩の指導を放り出して

しまう上司・先輩がでてくる恐れもあります。

叱り方の指導は、きちんと行って下さい。

 

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・・「教訓」
1)ライバルは、我社のお客様を奪いながら
サービス不足を教えてくれている。すぐに
マニュアルにして改善する。2)お客様も、
いろんな表現の仕方でサービス不足を教えて
くださっている。すぐにマニュアルにして
改善する。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ