上司の要求は積極的に買え

2018.7.30(月)

「苦手です」「前例がありません」「私が

やるのですか?」このようなニュアンスの

言葉は、上司が嫌う部下の3大言葉である

かもしれません。

また、はっきりと言葉に出して言わない

までも、このような部下の逃げの姿勢は、

すぐ上司に見抜かれます。

私は比較的寛容な方ですが、それでも、

このような言葉を平気で吐く人間には仕事

を与えません。

何故なら、それは「その部下が苦手にして

いるからこそ、チャレンジさせてみよう」と

考えるからです。そんな気持ちも理解しよう

とせずに、頭から否定されると、やる気が

一気に冷めてしまいます。

恐らくどこでも同じような感じでしょうから、

皆さんがもし「苦手なこと」を上司から要求

されたら、それは皆さんが期待されているの

だと考えていいと思います。そして、それから

逃げずにチャレンジしていくことで、一回り

大きく成長できることでしょう。

皆さんは、こうした上司の意図を汲み取り、

積極的に買って出て下さい。「ぜひ私にやら

せて下さい」という一言ほど、上司にとって

嬉しくて頼もしい言葉はありません。

積極的になれない理由はそれぞれ色々ある

でしょうが、中でも多くを占めるのが、「自分

に自信が持てない」というものでしょう。

「自信が持てない」「最近、自信喪失気味だ」

というような自覚を持つ方は、先ず劣等感を

壊すこと、自分の長所を強く意識することから

始めなくてはなりません。

それには、自分の長所をリストアップする

ことです。どんな小さな事でもいいですから、

どんどんノートにでも書き出してみて下さい。

そんな事を続けるうちに、自分が自分で思って

いるよりも、ずっと有能な人間であることに

気づくはずです。そしてその気づきを得ると、

自分の内から自信が湧いてくるのです。

自信を手に入れ、上司の要求をどんどん買い

ましょう。

 

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・・「示談」
どんなにこちらが悪くても、その場で示談に
しない。何回も謝る。示談の詳細は後日につ
める。その際、主張すべき点はハッキリと主
張する。特に、「一切」とか「全部」という
言葉は書いてはいけない。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ