人の動かし方

2018.9.6(木)

人と比較されるのは、誰しもあまり気持ち

のいいことではありません。それは今も昔も

変わらないことですが、我々が若かった頃は、

比較されることは当たり前であったし、比較

されることが嫌ではありましたが、発奮材料

となっていたのも事実です。

今も、一定数、そうしたことで発奮する人

もいるでしょうが、近年では比較されると、

とたんにやる気を失うタイプの人間が増えて

きているように思います。

こういうタイプの人間にやる気を出させる

にはどうすればよいか?こうしたタイプは、

感情が優先するため、先ず自分の感情が受け

入れられることが大前提。そしてそのうえで

明確な方向性を示すマネージメントをしてあ

げれば、決められたことを決められた手順で

実行します。

「なぜ、それをしなければいけないのか」

「それをするメリットと、デメリットは何か」

「どの様な手順で、いつ迄にやればいいのか」

を数字やデータを使いながら説明してやるのです。

例えばこういうタイプに新規開拓の営業を

させるのには、「これまでの市況や顧客のデータ

を分析すると、どこに、どんなお客様がいるかが

予測できる。だから、このマニュアルの手順に

従って、新規顧客の開拓をしろ」と伝えた方が

成果を期待できます。

そうではなく、「どこでもいいから、自分の

やり方で、飛び込み営業をしてこい」と曖昧な

指示を出すと、何をしていいのかがわからず、

力を発揮できません。

自分にとっての正解と、相手にとっての正解

は違います。ですから、自分の考えを絶対だと

押し付けてはいけません。人を動かすには、

相手にとっての正解を提示することです。

自分の言いたいことを、言いたいように

言うのではなくて、相手の状況や特性に合わ

せて伝え方を変えるのが、コミュニケーション

の基本です。

人によって、思考特性や行動特性は違います。

早く動ける人もいれば、ゆっくり動く人も

います。社員一人ひとりをよく見て、彼らの

特性をきちんと把握して、指導の仕方を変えて

いかなければ、今の社員は動きません。個人の

特性を尊重したコミュニケーションが必要です。

 

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・・「臆病」
人のことや建前ばかりを言って、肝心な時に
見栄を張って、カッコつけて逃げてしまう人
です。男の体裁をつくろって、自分で実行す
る勇気がないから、いつも人が言うのを待っ
ている。そんな男に、部下も女性もついて来
るわけがない。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ