意識する

2018.10.22(月)

本日は「職場の教養」10月号より

20日(土)分の記事を紹介します。

タイトル : 声に表われる

======= ここから =======

Kさんは職場の朝礼で一週間、進行係を

務めました。大きく、よく通る声を意識して、

毎日の朝礼に臨んでいました。

ある日、同僚との会話中に、何度も「何?」

と聞き返されることがありました。その時は

気にも留めずに、〈耳が遠くなったのかな?〉

と思っていました。

ところが、同じ日に、後輩との会話の中で、

「すみません、よく聞こえなかったのでもう

一度お願いします」と聞き返されたのです。

その時、Kさんは、日頃の自分は声が小さい

ことに気付いたのです。もともと自分に自信

が持てず、いつも遠慮がちな仕事の姿勢が、

職場での声にも表われているのだと知ったの

です。

朝礼の時は、〈大きな声を出そう〉と意識

していても、普段意識していないところでは、

自分の内面が声に表われていることに気が付き

ました。

その後は「声の大きさ」に意識を向けると

共に、「声を発する自分」の内面を意識して、

堂々と仕事をしようと努めています。

======= ここまで =======

人は頭で理解はしていても、意識して行動

していなければなかなか上手くいかないという

のは、よくあることです。逆に言えば、意識

して行動すれば、たいていのことは出来ると

いうことです。

「意識する」とは、「イメージすること」です。

イメージすることの大切さをもっともよく理解

しているのは、スポーツの世界に生きる人たち

でしょう。アスリート達は、毎日トレーニング

を怠りません。そして、トレーニングを行う

時は、そのトレーニングにより、自分がどう

なりたいのかを強くイメージしながらやって

ます。

何故なら、全く同じ内容のトレーニングでも、

仕上がりをイメージしながら行う方が、何も

考えずに行うよりも、はるかに効果が大きい

ことが科学的に立証されているからです。

我々の仕事も同様です。その仕事によって

大切なことを常に意識しながら行動するのと、

そうでないのとでは、結果に大きな差が生ま

れます。

常に高い意識を持って、行動しましょう。

 

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・・「病気」
長くかかって病気になったのだから、治るに
も時間がかかる。会社も赤字体質に長くかか
ってなった。いらない部門を切り捨てて、
病気をすぐ直す。黒字にする。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ