新人は大いに失敗すべし

2018.10.23(火)

入社1~2年の新人や全く未経験の新しい

部署に配属になったばかりの人は、どんどん

積極的に失敗するべきです。勿論、わざと

失敗しろと言っている訳ではありません。誰

しも経験の無いことを初めて行う時、上手く

行かないのが当たり前、成功すればそれは単

なるまぐれ以外の何物でもありません。

だからこそ、どんどんと新しいことに挑戦

して、上手く行かない経験を積みなさい、と

言うのです。何故ならこの前向きな失敗の積み

重ねこそが、人が成長するうえでの最大の糧

だからです。

子供の頃、自転車に乗る練習で何度も失敗

して転び、何回も怪我をしながらなんとか乗

れるようになったという経験が誰でもあるで

しょう。

仕事もそれと同じです。上司に叱られ、

お客様に怒られ、恥ずかしい思いをしながら

少しずつ経験を積み、知恵をつけていく。

そうやって積極的に失敗し、次は上手くやれる

ようにと心を新たにする。それが社会人として

成長するための最短の道筋です。

皆さんの職場にも仕事がよくできる先輩社員

がいるでしょう。「あんな人になりたい」と、

目標にする上司が1人くらいはいるでしょう。

そんな彼らも、新人時代には大量の、それこそ

今の皆さんの比ではないくらいに失敗している

はずです。だからこそ仕事が出来るようになっ

たのです。

新人の皆さんが仕事が出来ないことは当り前。

だから失敗するのも当り前。会社としてはそんな

ことは端から織り込み済みです。ですから臆する

ことなく行動して経験を積み重ねて下さい。

もし、新人や初心者が犯す程度の失敗を受け

止める余裕もない職場だとしたら、それは

上司によほど甲斐性がないか、経営自体に

問題があります。

新人である皆さんの失敗は、まぎれもなく

会社への貢献です。臆さず、恥ずかしがらず、

自信を持って失敗して下さい。

 

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・「表敬訪問」
特別な場合を除き、訪問先のトップとはアポ
イントをとらない。相手がいなくても、いっ
こうに差し支えない。留守の時は置き名刺を
する。面談したのと同じ効果がある。わざわ
ざ挨拶に来たということだけで相手は満足す
る。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ