部下を上手に動かすには・・

2018.11.2(金)

今も昔も「部下が言うことを聞かない」と、

嘆く管理職が、世には星の数程にたくさん

いることでしょう。

勝手なやり方で仕事をする。だから成果も

挙がらない。こちらが逐一指示を出しても右の

耳から左の耳へ。それを咎めても「聞いてません」

と開き直る。

彼(彼女)達の上司としては、腹立たしくて

仕方がないでしょうが、部下とはそういうもの

です。これは、無理やりにでも納得し、受け入

れてしまわねばならない現実なのです。

今でこそ「さぼらずに働きなさい」とか、

「ちゃんと指示に従いなさい」などと言っている

皆さんだって、若いころはそうだったのでは

ありませんか?

とは言っても、部下をきちんと働かせなければ

管理職としての責務をまっとうできませんから、

「○○しなさい」「△△しなさい」と、ついつい

言ってしまうという心情も理解できます。

しかし、経験豊富な管理職が言う「~しなさい」

は、常に正論であり、正論であるがゆえに彼らの

逃げ道を奪ってしまい、反発を招きます。そして

ひとたび反発心を抱いた彼らは、それ以降上司の

言うことなど聞かなくなります。

そこで、人というものが、どういう時に動く

かを考えてみましょう。皆さんも自身を振り返り

ながら考えてみて下さい。

人が動くのは、「楽しい時」あるいは「危機感

を覚えた時」または「それが自分の利害に大きく

関わると確信した時」等です。ですから、部下を

動かしたいならば、皆さんの方から仕事の楽しさ

を演出したり、危機感を煽ったり、利害を実感

させたりと、それ相応のお膳立てをしておく必要

があるのです。

面倒臭いとか、難しいとか、思われるかも知れ

ませんが、その面倒臭いことこそ、管理職の最も

重要な仕事なのですから、仕方がありません。

人は誰しも、多かれ少なかれ「他人の指図は

受けたくない」と考えている生き物です。

命令だけでは決して動きません(動いている

振りはしているかもしれませんが・・・)

管理職ならば、部下を周りから追い込んで

いくような環境作づくりをきめ細かく行って、

部下の自律的な「気づき」を促してやることです。

 

では、また。・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・・「愛」
関心をもつことです。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ