行き詰まりの打破

2018.11.6(火)

あの仕事もこの仕事も、どんな仕事でも、

常にスムーズにこなせたら、それにこした

ことはないでしょう。しかし、なかなかどう

してそうは上手くいかないものです。

どんなに気をつけていても、どんなに一所

懸命に頑張っていても、行き詰ってしまう

ことがあります。問題は、その行き詰った時、

どのようにして打破していくかです。

そこで本日は、以前に耳にして、「なるほど」

と思わされた、誰にでもできるその方法を

紹介致します。

先ず一つ目は、「とことん遊ぶこと」です。

仕事のことを頭から追い出すために、パッと

遊んでみることです。ゴルフとかテニスとか、

スポーツで思いっきり汗を流すのもいいでしょう。

カラオケで歌いまくることもいいでしょう。

とにかく思いっきり遊んでみることです。

ただし、そういった遊びの相手には、会社の

同僚や先輩・後輩ではなく、学生時代の友人

や家族・親戚といった、仕事抜きで気楽に

付き合える人を選ぶこと。ここがポイントです。

二つ目は、「原点に返って見直してみること」

です。

「行き詰る」というのは、何らかの原因が

あるはずですから、行き詰った時点で原因を

探るのではなく、一旦、原点に戻って、その

原因を根本的に見直してみることで、あっと

いう間に解決することもあるものです。

最後は、「開き直ってみること」です。

全力を注いで、考えられるだけの手を打った

にもかかわらず、行き詰ってしまった。という

ときには、開き直ってみることもひとつの

方法です。

なんとかしなければと、ジタバタするほど、

さらに悪い結果に繋がるが案外多いものです。

そこで、いっそのこと、「なるようになれ」

と、ドンと構えて、新しい展開を待つ。意外に

あっけなく、いい方向に打開策がみつかったり

するものです。

 

では、また。・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・「赤字会社」
社員が挨拶をしない。赤字が続くということ
は、自分の職場がなくなるということです。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ