自分を黒字化できるのは自分だけ

2018.11.8(木)

私が日常、指針としている言葉のひとつに、

「すべて自分のせい」という言葉があります。

すべてとは、今自分がおかれている状況の事。

上司が自分に冷たいことも、部下が言うことを

聞かないことも、仕事が上手く進まないことも、

あれもこれも皆、自分がやってきたことの結果

だと考えることです。

「成果が上がらない」「上司や仕事に恵まれ

ない」「給料が安い」「賞与も目減りして、

年収も下がりっぱなし」・・・etc。

自分の人生がマイナス続きの赤字だと、その

現状を、世の中や景気、あるいは会社のせい

にする人をよくみかけますが、そんな人達を

見るたびに、「残念な人だ」と思ってしまいます。

たとえそれらの事柄が本当に周りのせいで

あったとしても、それをただ嘆いているだけ

では、決して事態が好転することはありません。

そして、周りを変えようと努力してみた

ところで、自分の力で他人をどうこうする

のは殆ど不可能に近いです。まだまだ未成熟の

若い人を指導する場合なら、ある程度の成長

見込めますが、それ以外は基本的に無理です。

ですから、事態の好転を望むならば、自分の

行動の中に不具合を見出し、それを改善させる

ことに注力した方がよほど好転のきっかけと

なるのです。

自分のすべきことを見直し、成功に向けて

やるべきことを愚直にやり続けることこそ、

最も有効で最も早い成功への道であると、私は

思います。こうして自分の赤字は、自分の力で

黒字に転換させるしかないのです。

私は自身でこれを行っていく為に、以下に

記す7つの項目を意識し、ちょくちょく確認を

しています。皆様もよければご参考までに・・

 

1)すべての仕事は「やるかやらないか」で
決まる。
2)働くことが好きな人が最後まで生き残る
3)不器用でいいから、誠実に働く
4)反省があるから、前進もある
5)解決策はどこにあるのか、夢中で探す人
になる
6)何か得意を持つ。一芸に秀でる人が泳ぎ切る
7)「必ず生き残る!」という執念を持つ

 

本日はこれまで。

 

では、また。・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・・「明るい」
虫と同じように人が集まる。物がきれいに
見える。防犯上もよい。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ