社内改革

2014.1.17 (金)

100年・200年と継続して行ける
強い企業体質を作り上げるには、
社内改革は避けては通れません。
しかも、社会の変化が急速な現代社会
においては、社会の変化に対応して
断続的に改革を行い続けなければ
なりません。

社内改革と口で言うのは簡単ですが、
実際に行うとなるとなかなかに難しいです。
人は基本的に変化を嫌う生き物ですから、
何か新しい事を始めようとすると、
必ず抵抗があります。組織が大きくなれば
なるほど、抵抗勢力も強力なものであるでしょう。
何百・何千人規模の会社になると、
改革も容易では有りません。

しかし、我々のような零細企業の場合は
トップである社長が、「こうする」「ああする」
と言えば、とりあえず改革はスタートします。
それなのに、その改革が定着せず、成功しない
のは何故なのでしょうか?

1番大きな原因は、社長の本気度を社員が理解
出来ていないからです。 たとえ、社長がどれだけ
本気で改革しょうと思っていても、頭の中で思うだけ
では社員には理解出来ません。ですから、必ず
社長及び幹部社員がトップ垂範で進めなければ
定着しません。 2番目の原因は、社長だけが
勉強している事です。 改革を進めるには勉強が
必要ですが、社長ひとりだけが勉強しても、
社長と社員の差が広がり過ぎてしまうと、社員は
社長の言っている内容が理解出来なくなって
しまいます。 それではどんなに良い事を唱えても、
何も言っていないのと同じです。

ですから、社長は自分だけが勉強するのではなく、
幹部社員も一緒に勉強させる。あるいは幹部社員に
先ず徹底的に教育を施す。このことが大事です。
そして、その後に中堅社員、一般社員へと順番に
下ろしていき、全社員がきちんと理解できる様に
するのです。 勉強しない社長はダメですが、
自分一人だけ勉強する社長はもっとダメです。

では、また。・・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ