説得と交渉

2018.11.13(火)

我々経営者や管理者の周りは、いつも交渉

ごとが山積しています。外は得意先や取引先、

内は上司や部下又は関係部署等、挙げれば

切りがありません。

交渉ごとというものは、どれもそう簡単には

いかないものですが、特にここ最近の若者達

との交渉は、一昔前では考えられない難しさが

あるように思います。

現代の若者は、説得されることを嫌う傾向が

非常に強いです。現に私も息子と話していると、

しばしば、「そうやって直ぐに人をコントロール

しようとする」と、怒られます。(笑)

ですから、社内における人心管理でも、今は

説得よりも交渉の方が成果を挙げ易いでしょう。

では、説得と交渉はいったいどう違うのか?

説得とは、交渉術の一つではありますが、

相手によく言い聞かせ、こちらの要望を理解

させ、説き伏せようとすることであり、どち

らかと言えば一方通行的な意思の伝達です。

一方、交渉とは、相手と話し合って何かの

取り決めを行うもので、両方向の意思を尊重し、

何がしかの妥協点を探ることです。

したがって、説得力の強い人が必ずしも

交渉上手に繋がらない時代へと入ってきたと

言えます。

一般的に、高学歴にしてエゴイズムの強い

人は、説得されて相手のペースに巻き込まれる

ということを嫌います。ですからそういう人を

相手にする場合は駆け引きをソフトにやる交渉

手段の方が、説得よりもはるかに効果がある

のです。

くわえて今のご時勢ですから、上司が部下を

説得しようとすれば、余程上手に注意を払って

おこなわないと、相手からすればそれは説得で

すらなく、「命令」としか受け止められず、

ともすれば「パワハラ」などと言われてしまう

恐れすらあるのです。

これからは、たとえ部下であっても、

「お互いに話し合う」というやり方が基本と

なります。上司の立場の人はこのあたりを

しっかりと認識しなければいけないです。

 

では、また。・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・・「空家」
前に住んでいた人と、同じくらいの年収の人
が引っ越してくる。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ