トップダウン経営とワンマン経営

2018.11.20(火)

中小・零細企業にとって、非常に厳しい現代を

生き抜いていくためには、明確な経営戦略と、

全社員が一丸となって取り組んでいくことが

不可欠です。

そして、そんな中で社長が果たすべきトップ

ダウンマネジメントの重要性が今高まってきて

います。

マネジメントスタイルの違いとしてよく取り

上げられるのが、トップダウンとボトムアップ。

トップダウンとは、トップ自らが方針を定め、

会社を引っ張っていくやり方。

ボトムアップは、社員からの提案等を積極的に

取り入れ、経営に反映させていくやり方です。

それぞれに一長一短はありますが、現在のような

景気低迷下にあっては、トップダウン型のマネジ

メントの強化が大きな課題となっていくでしょう。

なぜなら、厳しい経営環境のなかで会社の

進むべき方向性を明確に示し、困難な意思

決定を次々に行っていけるのは社長だけだ

からです。

このトップダウン経営とよく似た意味で

つかわれがちな言葉にワンマン経営という

言葉があります(実際に私もワンマン経営と

いう言葉をよく使いますが、私はトップダウン

経営と同義で使っていますので、この投稿

 

以外で私がワンマンと言っていれば、それは

トップダウンの事だと承知下さい。)が、これは

実際には、似て非なる言葉。

トップダウン強化はこれからの課題ですが、

ワンマン経営に陥らないように注意して、

これに当たらなくてはなりません。

ワンマン経営は、会社がうまくいっている

時期には、社長にとっても社員にとっても

非常に「楽」なやり方です。極端な言い方を

すれば、「社長は好き勝手して、社員は何も

考えずに適当に流す」というスタイルです。

このような会社では、「マネジメントスタイル

を切り替える」ことをどれだけ早く社長に

納得してもらえるかが、会社改善のスピードを

大きく左右します。

しかし、残念ながら結局ワンマン経営から

脱却できずに、事業継続ができなくなった

会社も多数あります。

最初のうちは、そんな社長のやる気や手腕に

対する社員の信頼も厚く、また社長もそれに

応えるべく頑張ります。

しかし、業績好調が逆にアダとなって、

社長のワンマンぶりが目立つようになります。

社員は社長への信頼をもてなくなり、単に

「社長というポジションにいる人」に対する

「恐れや遠慮」から指示に従うだけになります。

それでもしばらくの間は大した支障もなく、

会社は回っていきますが、やがて急速に売上が

落ち始めることになります。

そしてすぐに業績は悪化し、とてもそれ

までのワンマン経営ではもたなくなってしまい

ます。

自分自身では正しいトップダウン経営を

しているつもりでも、ワンマン経営に陥って

しまう可能性は誰にでもあるのです。

そして、いったんワンマン経営が当たり前

になってしまうと、基本的に社員は誰も

それを指摘できなくなります。

気がつくと取り返しのつかない状況に

なっていることが多いのです。

 

では、また。・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・・「焦り」
理想と現実が離れすぎている時に起きます。
事の解決を急ぐあまりに生じるマイナス感情
です。悩みの元凶です。原因は準備不足です。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ