部下に成果を出させる鉄則

2018.11.28(水)

部下に成果を出させる為に管理者が行わ

なければならないこと。それは、1にも2

にも「部下の仕事の管理を徹底する」という

ことに尽きます。

では、「部下の仕事の管理を徹底する」

とはいったいどういうことか?答えは一言、

文字通りの「徹底」です。

つまり、決めたことや命じた仕事は、何が何

でも守らせる。例外を認めたり情状酌量したり

してはいけません。下手に妥協すれば部下は

必ず上司を軽んじ、後々の仕事がたいへん

やりにくくなります。

そして、仕事の管理を徹底するには、部下の

仕事ぶりをチェックすることに尽きます。

皆さんの部下は、人間的には好ましい人達

でしょう。しかし、その仕事ぶりまでもが

好ましいとは限りません。意図せぬミスは

絶対にありますし、時に仕事の手も抜きます。

はたまたそれを気取られまいと隠蔽工作も

行なうでしょう。それが普通の人間という

ものです。

管理職に求められているのはあくまでも

「数字」です。そして数字は「仕事」と不可分

である以上、皆さんの最重要の仕事として、

部下の仕事のチェックは必要不可欠です。

皆さんは常に部下の仕事を疑い、なにか

ごまかしてはいないか、未達成の事柄はないか

と細心の注意を払い続ける必要があります。

そこまでやって皆さんは管理職としての使命を

まっとうしたことになります。

では管理職はいったいなにを、どうチェック

したらいいのか。実はこれは「なんでもいい」

「どうやってもいい」のです。部下の日別・

週別の売上をチェックするでも良し、定期的に

お客様訪問に同行して仕事ぶりを確認する

でも良し。どういうことであれ、皆さんが

必要だと思うことを、皆さんの裁量で自由に

やってかまいません。ただし、忘れてはいけ

ないことがあります。それは「○日にこれこれ

のチェックをする」と事前に告知しておく

ことです。

すると部下はどうするか?

チェック日が近づくと、それまでの怠惰な勤務

態度はどこへやら、必死になって帳尻を合わせ

ようとして頑張るようになります。

そんなことでいいのか?

もちろん構いません。というより、そうでも

しないと部下はまともには仕事はしません。

学生時代のことを思い出してください。

一夜漬けで試験勉強をしたでしょう?「明日は

テストだ」「進級がかかっている」と思うと、

それはそれは素晴らしい集中力を発揮して、

それなりの点数を取ったはずです。「テスト」

という「チェック」のあることが、皆さんの

態度を変えさせた。会社でもそれは同じです。

部下は「自分の仕事は常にチェックされる」

と思うからこそ動くのです。

チェックはなによりもまず、部下を仕事に

駆り立てるためにある。すなわちチェックは、

チェックの内容よりも、チェックが「ある」

こと自体が大切です。どんなことでもいいから

思いついたことを適当にチェックリストに

アップしておけば充分です。それで不具合が

生じたら随時訂正していけばいいのですから。

 

では、また。・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・・「新しい」
組み合わせが変わることです。今日新しいと
いうことは、明日1日で古くなるということ
です。いつまでも新しいと思ってはいけません。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ