道は一つではない

2018.11.30(金)

サッカーの試合やマラソンでは皆ゴール

(目標)を目指します。ゴルフや仕事なども、

それぞれのゴール(目標)を目指しています。

どんなことでも、多くの場合、できれば最短

距離で効率よく、ゴール(目標)にたどり

着きたいものです。

しかし、失敗や難問を抱えているときは、

無理をして最短距離を目指すのは危険です。

最短のルートには落とし穴が待ち受けている

ことがあるからです。

そんなときに、気持ちを楽にしてくれる

松下幸之助さんの言葉があります。

 

「山は西からも東からでも登れる。自分が

方向を変えれば、新しい道はいくらでも

開ける」

 

山頂へのルートは一つではありません。

どこから登っても、上を目指す限り、いつかは

頂にたどり着くのです。

山男は自分の体力と装備を考えて最良の

ルートを選びます。同じようにビジネスでも、

自分の能力やスキルを遺憾なく発揮すれば、

必ず山頂への道は開けるのです。

 

また、似たような意味合いで、「Step

by Step(一歩一歩進む)」という言葉

もあります。

成長は一足飛びにはいかない。一歩一歩、

自分の足で大地を確かめながら歩くからこそ

力になるのです。

 

これらのようなことを最近の日本人は軽視

し過ぎているように、私には思えます。

昨今、最小の努力で最大の効果を求める人が

増えてきています。しかし、現実はそれほど

甘くはありません。「最大の努力を払った者

こそが最大の効果を得られる」のだと私は

思いますし、それが真実でなければならない

と考えます。

他の誰の為でもありません。自らの為に

努力を惜しまずに生きたいものですね。

 

では、また。・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・・「集まる」
物高く買えば物集まり、物安く売れば人集
まる。人集まるところにさらに人が集まる。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ