決定と実施

2014.1.21 (火)

会社で決定を行うのは社長の仕事。
これは間違いないです。
全ての決定は社長が下し、
利益責任も社長が全て負う。
決定や責任を絶対に他の社員に
押し付けてはいけません。
社員が負わねばならないのは、
社長が決定した内容・方針を
実施する責任です。 この区別は
はっきりさせる事が大切です。

この部分を明確にしておかなければ、
大切な舵取りを誤ってしまいます。
「仕事を任せる」「仕事を任せられる」
という言葉をよく耳にしますし、
実際よく使いもしますが、この「任せる」
という言葉はしばしば勘違いを生むので
要注意です。

社員に「任せる」というのは、「何でも
自由にやって構わない」という意味では
ありません。任せるのは「社長の決定」を
実施する方法についてです。
方針、数値目標、ポジション等を明示
したうえで、「この範囲で自由にやりなさい」
ということなのです。

社長は「何を任せているのか」を明確にし、
部下にきちんと伝える。間違っても、
決定そのものを任せてはいけません。

では、また。・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ