リーダーは忙し過ぎてはいけない

2018.12.19(水)

うまく組織を回していこうとする際、

チームリーダーや管理職に必要なのは、

部下を個別に操るよりチーム全体を操る

という意識です。

チームを操るにあたって、一つのキー

ワードとなるのが「空気」です。だらけた

空気、思ったことが言えない空気、他人に

無関心な空気、悪い空気はメンバーの調和を

乱し、チームとしての成長を妨げます。

チームに悪い空気が覆っている場合、空気

を操り、いい空気に入れ替える必要があります。

ですが空気を操ろうとしている思惑を部下に

気づかれてはいけません。部下に作為を感じ

させると、空気を読まねばならない空気となり、

本来やるべきことが遂行しにくくなります。

チームの空気を操るにあたって、まずやる

べきことは「全体」と「個」の把握です。

全体が曲がっている中では部下はまっすぐ

でいられず、全体が間違っている中では部下は

正しくいられません。

そのような状態になっていても気づかない

リーダーには特徴があります。気づかない

リーダーは概ね、事務的な作業に追われて常に

多忙です。目の前のことに心を奪われ、周囲を

見渡す余裕がないのです。

自分のチームは見ているが、ほかのチームは

見ていない。社内は見ているが、社外は見ていない。

内と外を照らし合わせてどうなっているのかを

チェックしていないので、曲がっていたり、

間違っていても気づけないのです。これまでは

間違っていなかったとしても、世の中の変化など

外部要因の観察を怠れば、いつの間にか大きく

ズレてしまっていることもあります。

ですから、リーダーに必要なのは「いかに

忙しくしないか」を第一の課題とすること。

自分でやった方が早いことも部下に振り

分けて、『自分が必要以上に忙しくないこと』

がチームを操る上で最も重要なことなのです。

 

では、また。・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・「アレルギー」
思考に聖域を設けることです。知らず知らず
のうちに、聖域を他の分野へも拡大してしま
うことになる。なんでもかんでもやってみる
ことが、これを破ることにつながる。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ