上達の道

2014.1.28 (火)

我社の経営計画書のP.11に記載、

『環境整備』に関する方針

IMAG0536

「環境整備」は今後の我社の文化となる
取組みです。 物もピカピカ、
心もぴかぴか。 全ての事業活動の原点とします。
「環境整備」を通して、職場で働く人同志の
心を通わせ、仕事のやり方・考え方に
気付く習慣を身につける。

基本①「形」から入って「心」に至る。
「形」が出来るようになれば、あとは
自然と「心」がついてくる。・・・
 【 後略 】

人が何か新しい事を始める時、例えば
ゴルフやスキー等を始める場合に、
先ず道具等を一式揃えて、上から下迄
ピチッ!と「形」を整えてからスタート
する人をよく見かけます。 世間ではそれを
ちょっと笑い者にするような風潮がありますが、
私はそうは思いません。 なぜなら、ゴルフや
スキーの道具、衣装等が現在のスタイルに
なったのにはそれなりの理由があり、
それらの道具や衣装を身に付ける事が、
とても理にかなっているからです。

正しい道具を正しく使う事で、正しい姿勢が
身に付きます。いいかげんな道具をいいかげんな
使い方でプレーに臨んでも、まともには出来ません。
素質と意気込みだけでは決して上手くいかないのです。
正しい形で正しく練習を繰り返す事で初めて
出来る様になるのです。

教育も同じで、「心を込めて仕事をする。」
「心からお礼を言う。」と教えたって、そんな事が
最初からできる訳は無いのです。
大事なのは形から入る事。形だけでいいから
仕事を覚える、形だけでも「ありがとう」と言う
練習をする。 形だけの「ありがとう」でも
何度も言っているうちに、いつしか心に至ります。
先ずは「形」これが上達の近道です。

では、また。・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ