お客様からの教え

2014.2.5 (水)

本日は「職場の教養」2月号より、
2月2日(日)の記事を紹介。
タイトル:失敗は私の先生

=== ここから ===
 家庭や職場での失敗は誰にでも
あります。大切なことは、失敗した
後の態度や行動です。 最も良くない
のは、その後も失敗を恐れ続けること
でしょう。失敗をしたくなくて物事
から逃げたり、結果が出ないうちから
失敗だと決めつけて、挑戦しない人が
います。失敗を恐れる心が、失敗の
原因かもしれません。
 また、〈なぜ自分だけうまくいかない
のだろう〉などと、いつまでも悔やんで
いないでしょうか。それよりも、
どのような原因で失敗に至ったかをよく
考え、振り返ることから、事態は好転
し始めるのです。 仕事や人間関係に
おける失敗も、原因を相手や他人のせいにし、
責めていては、解決はおろか、プラスに
なることは何もありません。〈原因は全て
自分にあるのだ〉と受け止め、
至らなさを厳しく反省した時、失敗は
教訓として自分に返ってきます。
「失敗こそ私の先生」をモットーに、
何事にも取り組んでいきましょう。

=== ここまで ===

この記事は個人の心の持ちようについて
書かれていますが、これを会社に落し込んだら、
はたしてどうなるのでしょうか?

個人=会社 失敗=クレーム です。
そして、逃げる=仕事の放棄 
挑戦しない=進化の断念 です。
仕事を放棄し、進化をやめてしまえば、
存続出来ようはずもありませんね。

クレームは確かに楽しい事では有りませんが、
単に嫌なことと捉えるのではなく、
大切なお客様からの教えであると捉え、
全社を上げて真正面から取り組み、
再発防止策及び業務改善策をキッチリと
施す事を繰り返し積み上げていく事で、
きっとお客様から愛される会社へと
成長していけるでしょう。

『クレームはお客様の大切な教え』
ですよ。  では、また。・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ