コミュニケーション

2014.2.7 (金)

私は、強い会社を作り上げていく為には、
コミュニケーションがとても重要である
と考えています。 何でも話せる風通し
の良い社風を作り上げていく事で、社員
同志がお互いに尊重し、気使い助け合って
仕事を進めていく土壌を築くことが目的です。

その為の色々な仕組みの一つに、私との飲み会
があります。(以前にも紹介した事があった
と思いますが・・)

1サイクルに1回なので、本日で今期7回目の
飲み会になります。1回の飲み会に、5名程
連れていきます。ですから30名程しか社員が
いない我社では、今期は既に全員1度は私と
飲んだ事になり、また4週間を1サイクルで
回しているので、1年間で13サイクル
つまり最低一人2回は私と飲む計算です。

この飲み会で私が気をつけている事が二つあります。
一つは、「この飲み会の場では一切説教はしない」
という事です。 せっかくコミュニケーションを
深める為に行っている会なので、皆で楽しく
飲める事が大前提です。なのに、説教なんてされた日には
楽しいどころか、拷問以外の何物でもありませんからね。
二つ目は、「会社の経費は使わず、私のポケットマネー
で開催する」という事です。 せっかく良いと思って
行っている事ですから、「所詮会社の経費やん。」と
思われては効果が半減してしまいますから。

説教しているつもりは無くても、あまり芯をとってしゃべると
説教がちになってしまいますので、極力聞き役に徹し、
私に対しての質問にはキッチリと回答してあげるという
ことを心がけて開催しています。

さあ、今日も飲むぞ~!(笑)
では、また。・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ