悪い社長

2014.2.27 (木)

昨日は「良い社長の条件」というお話しで、
良い社長とは、「せっかちな人」&「動機
が不純な人」ということでしたが、一見悪い人
の事をイメージさせる言葉に「え~!」と
感じられた方も少なくなかったでしょう。

で、おさらいですが、「せっかちな人」=
「決断、決定の早い人」です。そして、
「不純な動機」は、「まともな動機」より
強いものです。但し、仕事上の姿勢が不純
であってはいけません。

そして本日はその続きで「悪い社長」です。

では、悪い社長とはどのような人のことを
いうのでしょうか? もちろん法律に触れる
ような行いの多い人や、TVドラマで出てくる
ような悪徳社長も当然悪い社長ですが、
ここでいう悪い社長とは、はた目には真面目に
社業に取り組んでいる様に映るのに、
結果が出せないでいる社長の事をさしています。

そしてそんな社長さんによく見られるタイプの人
が、次のような人達です。それは「みんなの意見
を聞く人」・「早く決めない人」・「優柔不断な人」
です。 我々の様に社員教育の行き届いていない
小さな会社であれば、社長が独断で決めて、それを
社員全員に徹底させる、いわゆる「トップダウン」
が正しいです。 会社の成長期、社長が「こうする」
「ああする」と言い、社員はそれに従う。社長が
強烈な機関車になって「客車(社員)」を無理矢理
にでも引っ張っていかなければ、会社がつぶれて
しまいます。

又、「リスクを背負えない人」も、社長には不向き
です。多くの人は「自分は損をしたくない。リスク
を背負わないで、得だけしたい」と考えます。
「新しいことをやる」と、当然、失うものが沢山
あります。しかし言い換えると、「失うものが大きい
から、得られるものも大きい」。この当りが実際には
なかなか解りません。私自身もつい目先の損に拘り
前に進めないことがよく有ります。 このように
多くの社長は、「得すること」を考えるよりも
「損をしたくない」と考えます。だから「新しいこと」
が出来ないし、変われない。 社長が「リスクを背負う
覚悟を持って変われない」から、会社がかわれない
のです。

では、また。・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ