表裏一体・社長と社員

2014.2.28 (金)

早いもので2月も本日で終了です。
最近はなんとなく時間の経過が
怖いです。もっと何か出来たのではないか?
という思いに襲われます。 社内改革も思い程の
進展は見られない(それなりの成果は出ている
のですが。)し、達成感が得られません。多分、
頭で考えているだけの行動がとれていないのです。
もっともっと自分に厳しくならなければ・・・

そんななかで、以前何かの記事に書かれて
あったことに、ちょっと感じる所があったので
記載します。

==== ここから ====

経営者を見れば社員がわかる。
社員を見れば経営者がわかる。
経営者が立派なら、社員がお粗末
ということはない。社員の質が高ければ、
経営者が低いということはない。
つまり、経営者と社員は表裏一体の関係である。

==== ここまで ====

言い得て妙だと思います。
この記事を読んで気付かされました。
以前は出来ない社員を見てイライラ
したり、腹が立ったりしたものですが、
この記事を読んで以来、「出来ないのは、
何も社員のせいばかりでは無い。むしろ
出来るように指導出来ていない私のせい
なのだ。」と考えるようになったので、
ずいぶんと減りました。(決して無くなって
はいないのです。・・・笑)

大抵の場合、キチッとした指導をしてあげれば、
キチッとした仕事が出来る様になります。
人を責めてイライラする前に、まず自分が
すべき事をキチッとしているか、よく考えて
みましょう。

では、また。・・・

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ