ビジョン(社員満足)

2014.3.4 (火)

我社の経営計画書の長期事業構想書
(ビジョン) 第3項目に次の様に
記載しています。

==== ここから ====

3)全社員が、笑顔で楽しく働ける
  会社にする。

 おおよそ仕事というものは、どんな仕事でも
それなりに大変で、ストレスの掛るもので
あるのは当たり前の事。 ここで言う「楽しい」
というのは、会社として、皆と目標・苦労・
達成感など色々なことをポジティブに共有
できている状態なんだと考えています。
社員一人ひとりが、毎日会社に来ることを
楽しいと感じ、「今日も頑張るぞ」と思える
ような会社にします。 又、その為に
一番大事なのはコミュニケーションであると
考え、上下間、部署間、同僚間、その他
あらゆるシーンでのコミュニケーション回数
業界一を目指します。

==== ここまで ====

「毎日、会社へ来るのが楽しい」という状態は
すなわち、社員満足度が高い状態をさします。
これは会社を運営していくうえでとても重要な
事だと私は考えています。それはつまり、こういう
状態こそが、一番力を発揮出来る(又はしている)
状態であるからです。 皆さんも自社の社員さん
をじっくり観察してみて下さい。常に面白く無い
という表情で仕事をしている人達は、恐らく
成績も「面白く無い」のではないですか?

我社では、経営理念の一番目に、「顧客第一主義」
を掲げていますが、ある意味「顧客満足」よりも
「社員満足」の方が大事です。 なぜなら、
「会社や仕事が面白く無い」と不満ばかりを
抱えている状態では、到底お客様の事を第一に
考えて行動することなど不可能だからです。

で、そういった不満等を解消していく為には、
同僚間、上下間等、周囲の人間とのコミュニケーション
が不可欠です。これがしっかりとれていれば、
目的意識や連帯感が向上し、前向きな姿勢で
仕事に臨めるようになります。

どうぞ、コミュニケーションを取る仕組みを
数多くつくって下さい。 これも人的な「環境整備」です。

では、また。・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ