スマートフォン

2014.3.25 (火)

スマートフォン市場が急速に拡大
しています。そもそもこの手の通信機器
の開発・発展のスピードは、何とかついて
いくのが精一杯と感じる位です。
私が社会人になった23~4年前にはまだ
パソコンが無く、携帯電話も無く、ポケットベル
がようやく一般企業で使われ始めたばかり
という状態でした。(今の若い人には
想像すら出来ないでしょう。)
この様な超スピードの中で、またもや
スマホの市場が拡大し、本当に一人一台の
時代に入ってきたのだな。と感じさせられる
エピーソドが有りました。

先日、今度中学に上がる愚息にスマホを購入
しようと、auショップへ行った時の事です。
14:30頃ショップへ入り、まず客の多さ
に驚きました。そのショップは6つの窓口が
ある店なのですが、窓口の前に座るまで、
2時間も掛りました。そしてようやく新規
契約の手続きに入ったところで、「本日は、
お子さんの保険証をお持ち頂きましたか?」
と問われたのです。家内と二人して、「・・・」
でした。2年程前に長女のスマホを購入した
時には保険証など必要ありませんでした。

そうです。「学割」です。つい2年程前には、
「学割」が存在していなかったのです。
それが今では「学割」が当たり前になっている
程、普及しているのです。あらためて普及の
スピードを実感した瞬間でした。 このスマホの
超普及により、現代人の生活スタイルや企業の宣伝
(広告)活動をはじめ、様々な物や事がこれまでとは
大きく変わっていく(実際に変わってきています)
事でしょう。

急速に変化していく社会に対応し、自社の
事業形態や組織形態までも柔軟に変化させて
いく事が、生き残っていく為には必要でしょう。
但し、その中にあっても変わらない(変えては
ならない)真理はシッカリと継続させ、全社員
が心に刻んでおく事が大事です。

只、個人的にはこのIT関係の発展と普及は
我々に便利さと手軽さを与えてくれますが、
代りに人としてとても大切な何かを奪って
いかれる様な気がして、少し怖い思いがします。

どんなに便利な世の中になっても、所詮それらは
道具でしかなく、使用する我々自身がしっかり
していなければ、便利なだけでは済まなくなります。
科学・技術が発達し、便利な世の中になればなるほど、
人格形成や道徳といった教育に力を入れなければ
ならないでしょう。

とりとめのない話しになってしまいましたが、
本日はこれにて。  では、また。・・・

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ