社内の腐食

2014.4.5 (土)

社内の腐食は現場から始まり、最終的に
会社全体を蝕んでいきます。企業が腐る責任は、
もちろん社長にあるのですが、腐るプロセスは、
現場を軽視した社長ではわからないのです。

職責が上に行けば行くほど現場から離れてしまいます。
すべては現場に赴き、すべては現場で解決することです。

現場を軽視し、現場に足を運ばない社長には、
当然現場の問題を認識出来ません。
たまに現場の責任者を呼びつけて、
「何か問題はないか?」と聞いて、
「問題ありません。」と回答されれば、
本当に「問題なし」と考えて、大きな判断を
してしまう事になります。 これではまともな
経営など出来るはずもありません。

社長の重大な判断ミスは、そのまま企業の倒産に
直結する事さえあります。ですから重大な判断ミス
を犯さない為にも、社長は常に現場で
何が起こっているかを把握し、現場からの
問題意識やヒントを掴んでおく必要があります。

そのためには社長自らが現場へ足を運び、自分の
目で見確認する事と、現場のリーダーと情報を共有し、
信頼関係を構築して現場の認識不足になりがちな
社長を支援してもらうことが大切です。
この信頼関係を構築するには、各リーダーとの
コミュニケーションをしっかりと取り、
社長の夢や思いを語る所から始めなくてはなりません。
なぜなら、組織の信頼関係は、社長がもつ夢や考えから
生まれてくるものだからです。そして、
社員にとって、夢を真剣に語れないリーダーは
魅力がないからです。

経営環境は厳しく、苦しいハングリーな状況だからこそ、
社員に夢・ビジョンを語ることが重要です。
夢・ビジョンによって社員一人ひとりの考え方が変わり、
行動が変わり、そして成果も変わることは、
成長企業の創業の歴史が物語っています。

私は、これらの実行手段の一つとして、 「社長と飲み会」
を行っています。 皆さんも大いに語って下さい。
ちなみに、本日はその「社長と飲み会」の開催日です。
本日も大いに飲み、聞き、語ってきます。

では、また。・・・

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ