情け

2014.4.11 (金)

私が今期より「環境整備」に取り組み、
これまでにはしてこなかった様々な
アクションを起こしているのも、
ただただ我社を本当に強い会社にしたい。
という思いからです。
そしてその為に、社員の皆さんにお願い
している事は、①協調性・調和を大事に
して下さい。②周囲の人間に興味を持ち、
積極的にコミュニケーションをとって下さい。
という2点を、事あるごとに言う様に
努めています。

446305[1]

なぜなら、人は感情・情けによって動く
生き物だからです。・・・

「情け」が伝われば、社内のコミュニケーションも、
お客様とのコミュニケーションもうまくいきます。
では、どうすればその「情け」が深まるのでしょうか。

それは、只々回数を重ねるほかありません。
何度もお客様ところへ行く。
上司と部下が何度も面談をする。
一緒に食事をする。 こういった事が大切
なのです。 1時間の面談を1回行うよりも、
10分間の面談を6回行うことの方が、
遥かに効果的なのです。

また、もう一段階進んで、皆が同じ価値観
を持つ様なしっかりした人間関係を築き上げる
為には、積極的に時と場所を共有するほかありません。
飲み会や懇親会など、同じ場所で、同じ時間を過ごす。
これは絶対に外せません。IT化によって
情報の伝達は飛躍的にスムーズになりました。
しかしその分人間関係が希薄になってきている
気がします。 だからこそ、時と場所を共有
することを意識的に頻繁に行うことが大切であると
思います。 情報だけが伝わっても強い組織には
なりません。 価値観を共有し、皆が同じ方向を
向くことで組織は強化されていきます。

では、また。・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ