素直になる。きれいになる。

2014.4.15 (火)

環境整備を始めて10ヶ月、今では
大半の社員が前向きに取り組んで
くれる様になりました。環境整備を
簡単に説明すると、整理整頓をして、
働きやすい職場環境をつくる。
これを徹底的にやることです。最初の頃から、
私が考えていたよりは抵抗がなく、
スムースに定着して私自身驚いている
のですが、それでも当初は明らかに
嫌々やっているとわかる社員が何名も
いました。

五月病 

でも、それでいいのです。人は
「嫌がることをする」ことで、
心根の優しい、素直な人間に
変わっていきます。 汚いところが
きれいになると、心もきれいに
なっていきます。教育の基本は、
「嫌がること」「面倒なこと」を
強制的にやらせることです。


例えば、環境整備では、毎日、毎日、
整頓を徹底的に行います。
物の置場を決め、数量を明示し、
管理責任者を決める。使った後は
必ず元にもどす。 これを徹底します。

育ってきた地域、環境、世代が違う
社員の心を揃えることは不可能です。
だからこそ整頓です。決められた場所に
決められた物を置くと、ものが揃う。
ものが揃えば心も揃う。まさに
「形から入って心に至るです。
整頓ひとつ出来ない会社が、社員
みんなで同じ方向を向き、業績を上げる
ことなど出来るはずがありません。

では、また。・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ