トラブル

2014.5.9(金)

仕事にミスやトラブルはつきものです。
そして、ミスやトラブルが起こった時、
「そんなはずはない」と言うのは素人、
「なぜそうなったか」と考えるのがプロです。
ビジネスマンはそれで飯を喰っているのだから、
プロフェッショナルでなければなりません。

仕事のトラブルのほとんどは、
コミュニケーション不足が原因です。
どんな仕事も一人ではできません。
人が多くなればトラブルも増えます。

「話せばわかる」「通じる」「やってくれる」
...それは幻想です!
話しただけでは通じません、理解してくれません、
行動してくれません。そして、成果がでません。

すべての仕事は、この2つの作業に分類できます
・自分一人でやる仕事
・他人と協同でやる仕事
どんな職人であっても、技術を買ってもらう部分では、
人との連携が必要です。デザイナーもプログラマーも
調理師も職人と言われるすべての人には一人で
仕事をする部分があります。でも、その仕事の
・成果を活かす
・買ってもらう
・協力してもらう 等
広く考えると、一人で完結する仕事は存在しません。

ここに掲げた項目は、
どこの会社でも
どんな職場でも
どのプロジェクトでも
複数の人が集まったら必ず発生する事です。
皆さんにも、心当たりがあることばかりだと思います。
大きなプロジェクトになるほど、多くの人がかかわります。
組織は何のためにあるのか?
それは、一人ではできないことを行うためです。
複数の人間が集まるのは、一人でやるよりも、
大勢の人間が集まった方が大きな力を
発揮するからにほかなりません。

そのために組織が発明されたのです。

でも、複数の人間は、それぞれ違った経験をし、
考える材料となるデータが違います。
それぞれ違った生活環境であり、
物事に対する価値感が違います

そして、参加者がそれぞれ異なったゴールを持っていれば
”組織力”が発揮されることは難しくなります
仕事を上手に仕上げる為には、
相手とのコミュニケーションは極めて重要です。

仕事を自分と他人の共同作業と定義しましょう。
コミュニケーションの仕方も具体的に考えてみましょう。
仕事の現場では、話しただけでは通じません、
相手の理解の確認が必要です。仕事のコミュニケーションを、
”仕組み(システム)”として考えるのです。
すると仕組みに問題があると理解できるようになります。
仕組みが問題なら感情的なトラブルを減らすことができます。

そして、最終的にはチーム(組織)全体が、
同じ目標(到達地点)に向かい、同じ価値観で
仕事が出来るように仕上げる事が大切です。

では、また。・・・

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ