心理

2014.5.14 (水)

ゴールデンウィークが明けて一週間、
休みボケも収まり、ようやく調子が
戻ってきた頃かと思います。
ところで皆様は有意義な休暇を過ごされ
ましたでしょうか。 私は久しぶりに
家内と二人で島根へ遊びに行って来ました。

石見銀山の観光をメインに、出雲大社、
日御碕灯台、足立美術館 等を訪れた
二泊三日の旅でした。

出雲大社

 

このように、たまにはカミサン孝行や、家族サービス
をおこなって置くことは、とても大切です。
なぜなら、家族が元気で、円滑に家庭が
回っているからこそ、我々は仕事に全ての
エネルギーをぶち込む事が出来るのですから。

ところで、出雲大社へ行った時にちょっと
面白い事に遭遇しました。 丁度お昼時に
なったので、有名な出雲そばを戴こうと
店を探して歩いてみたところ、そば屋さんは
たくさん有るのですが、どこのお店も行列で、
1時間待ち位は当たり前という状況です。しかし、
よく観察してみると、1時間以上の行列が出来ている
お店は、何軒も軒を連ねて密集している店舗
ばかりなのです。 少し離れてぽつんと存在する
店舗では、そこまでの行列にはなっていません。

私は待つ事が嫌いですから、当然離れた店舗で
15分位の待ち時間で戴きました。(どうせどの店で
食べても、値段も味も同じなのですから。笑)

これと似た現象を普段身近なところでも
見かけます。たとえばパチンコ屋さんです。
単独で存在する店舗より、何軒もが集落を
形成するように存在しているところの方が
客入りが良い傾向にあります。

皆と同じという安心感からくる結果なのだと
思います。同じ手法がどの業界でも通用する
とは思えませんが、人の心理を研究する事は
怠ってはいけません。集客のみならず、
社員教育についても同様です。人の心理を無視
しては上手くいく事は有りません。

人の心理を研究し、出来る仕組み、
やらざるを得ない仕組みを作っていきましょう。

では、また。・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ