報告

2014.5.15 (木)

「報連相」という言葉があります。
「ホウレン草」と掛けたビジネス用語で、
「報告」「連絡」「相談」の略語ですが、
皆さんの会社では、キチンと行われている
でしょうか。「一応出来ているよ」と
思っている会社でも、案外出来ていない
事が多いように思います。 特に、
「報告」が出来ていない事が多いです。

090531_000004 hourensou

 

良いことの報告を忘れても会社が潰れる
ことは有りません。しかし、悪いことの
報告が遅れたら、場合によっては潰れて
しまう事も有るかも知れません。

社長にとって必要なのは「悪い報告」です。
ところが、部下は自分から「都合の悪い報告」
などしてくる訳がありません。それどころか、
隠そうとするのが当たり前です。
だからこそ、社長は自ら進んで幹部のところへ
「積極的に悪い報告を聞きに行く」という姿勢
が必要となってきます。

社長に聞かれれば答えざるを得ないので、
幹部は部長や課長に聞きに行きます。
そして、部長や課長は部下やパートに
聞きに行きます。

ですから、このように「上から下へ聞きに行くしくみ」
が大事なのです。 そうでなければ「都合の悪い真実」
が、社長の耳に入ってくる事はありません。

では、また。・・・

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ