出来ない

2014.5.16 (金)

皆さんは、指示した内容に対して
部下から、「社長、それは出来ません」
と言われた経験はありますか?
誰しも一度や二度は有るでしょう。

 

illust

 

その時、皆さんはどう対応されましたか?
部下の言を信用して他の指示を出し直しましたか?
もし、直ぐにこのような対応をしたのならば、
少々人が良すぎるように思います。
なぜなら、部下が「出来ない」と口にするのは、
ほとんどの場合「出来ない」のではなく、
「やりたくない」だけの事だからです。

 

「出来ません」と言われたら、「何故出来ない?」
と尋ねて下さい。「色々と理由がありまして・・・」
と言われたら、「全部言ってみて。」と切り返して
下さい。そして出来ない理由を全部聞いて、
一つひとつ潰していって下さい。
そうすれば「やれる」ことは必ず見つかります。
「出来ない」と言われてストップすれば成果は
ゼロですが、「出来ない理由」を潰していけば
前進出来ます。

我社の経営計画書の社員に関する方針の中に
次の記載があります。

『 肯定的な考え方をする。「出来ない」理由を
探すのを止め、「出来る」方法を考えることにより
積極的な態度が生まれてくる。 』

否定からは何も生まれません。
ポジティブシンキングでいきましょう。

では、また。・・・

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ