教育

2014.5.21 (水)

我々企業人にとって「教育」とは、
『人財』づくりです。そう、企業に
とって「財産」と言える「人」を
作り上げる為に、教え、育む事です。

社員を育てるための投資(お金、時間)
を怠るとどうなるか。 本当に必要な
投資までなくなり、さらなる人材難を招きます。
結局、悪循環に陥ってしまうのです。
我々中小・零細企業にとっては、大企業のように
初めから優秀な人材を採用することは困難です。
求める優秀な人材は採用時ではなく、採用後の
人材の育成・教育によってつくるものと考えるべきです。
さらに、大企業と中小・零細企業の求める
「優秀な人材」は異なります。

ダウンロード

 

では今、なぜ人材育成が重要なのでしょう?

第一に、成熟化時代の中、扱い商品で差別化
していくことは困難を要するからです。
競合他社との差別化だからと「値引き」すれば
価格競争に巻き込まれ、結局は自社の首を
締めることにもなりかねません。

第二に、ネット社会の中、バーチャル環境に
慣れ親しんだ若手世代が不得意とするチームワーク、
対人力、基本動作(挨拶、報連相等)などの弱点を
克服することで競合他社に勝利するのです。

「モノ、カネ」だけを武器にしていては、
本当の「差別化」はできません。
そのキーとなるのが、「人材」を『人財』へと
成長させる為の「ヒト」の育成です。
技術は他社でもすぐに真似されます。
しかし、人を育てるにはそれなりの時間もかかり、
簡単には真似のできるものではありません。

教育は、自社のビジョンに則した次世代の『人財』
づくりを行う上で、欠かせないものです。

『人財』育成は、強い会社を作り上げる為の
絶対条件と心得ましょう。
では、また。・・・

====================
本日の言葉の定義・・・「赤字」
社長の甘えです。社長が赤字になってもよい
と決定したからです。罪悪です。赤字は絶対
に避けるという意識をもって、1円なりとも
損をしないようにすることです。
====================

サブコンテンツ

このページの先頭へ