存在価値

2014.5.22 (木)

会社の原基点は「存在価値」にあります。
会社の存在価値とは「社会が求めていることと、
その会社の持ち味の接点」です。
いくら自社が得意とすることであったとしても、
それが社会から求められていなければ存在価値は
ありません。

事業の目的と手段は異なります。
目的を達成するための手段は時代の変化とともに
変わっていきますが、本質的な目的は短期間で
すぐに変わるものではありません。
その目的の達成が、企業の存在価値につなるのです。

tatemono02_01

 

自社が創業時にどのような想いを持って事業を
スタートしたのか。 自社の存在価値である
創業の精神を忘れかけてはいないだろうか。
迷いや壁にぶつかったとき、創業の原点に
立ち返ることが必要です。その創業の精神、
自社の社会的存在価値を「あるべき姿」と
した時の、「現状の姿」とのギャップが課題であり、
問題なのです。 問題を解決するということは、
すなわちこのギャップを埋めることにあります。
企業を取り巻く環境が大きく変化する今だからこそ、
目先の変化に振り回されてはなりません。
じっくりと構える意味でも、創業時の精神に立ち返り
自社の「あるべき姿」を考えてみて下さい。

「ヒトなし、モノなし、カネもない、実績がないから
信用もない。」ないないづくしの創業経営には、
創業の精神という素晴らしい財産があります。
熱意、創意、誠意の結晶が創業精神であり、
創業精神を大切にする企業は繁栄し、
粗末にする企業は粗末な末路を辿るのです。

では、また。・・・

====================
本日の言葉の定義・・・「赤信号」
天が与えてくれた好機です。ちょっと
立ち止まって、一度、自分の人生を真剣に
考える時です。
====================

サブコンテンツ

このページの先頭へ