判断基準

2014.5.23 (金)

人は判断するとき、必ず何らかのモノサシ
を使います。日常で何かを判断する場面
においても、何種頼ものモノサシを
使い分けているはずです。
今日の昼食は何を食べようかという場面でさえ、
「昨日は何を食べたか」「今日の体調はどうか」
「財布に入っている現金の額は?」といった
複数のモノサシではかろうとします。
そうして、最終的に食べるものを判断し、
意思決定しています。

a110

そこで、我々は企業人ですから、
企業原点の判断基準について・・・

まずは出てきた事実に対して、全社的な視野
から見て、何が重要な判断指標になるのかを
考えることです。 それは、真の商品価値、
真の顧客、あるいは創業の精神になるのかも
しれません。日常の意思決定や行動を行うための
「判断のためのモノサシ」として優先順位を
決めるのです。顧客の視点で整理するのであれば、
単に顧客第一主義や顧客満足だけではなく、
何によってそれを具現化し、何を事業の目的
とするのかも、押さえます。 例えば、

・なぜお客さまは自社を選んでいるのか?
・どこに魅力を感じ、取引をしているのか?
・もし自社がなくなってしまったら、
お客さまは何に因ってしまうのか?
・その中で自社が行動し、判断するために、
何を-番重要と考えればよいのか?

この様な「問いの先」に自社のあるべき姿があり、
この世に存在している価値があるのです。
これらが理念の体系として整理され、それに沿って
全社員が行動するところに、企業としての強さ
が生まれます。「御社の特徴は何ですか」
と問われたとき、皆様ならどのように答えますか。
この世に存在する以上、必ず何らかの価値があるはずです。
その価値が自社の特徴であり、企業存続の原動力に
なっているのです。

では、また。・・・

====================
本日の言葉の定義・・・「明るい」
虫と同じように人が集まる。物がきれいに
見える。防犯上もよい。
====================

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ