市場には、お客様とライバルしかいない②

2018.12.14(金)

お客様から注文が来なくなったら、それは

「ライバルにお客様を取られた」ということ。

例えば、行きつけの居酒屋へ行き、店主と

喧嘩になったとします。このような時、大抵

の人は、二度とその店には行きません。(仲が

良過ぎての喧嘩は別ですが)しかし、その人が

二度とお酒を飲まないかといえば、そんなこと

はありません。他のお店で飲むようになるだけ

です。

一般企業でも同様です。今まで受注出来ていた

商品の発注が何の連絡もなくパッタリと止まった

としたら、その商品の販売が中止になったのでは

なく、他の業者から仕入れるようになったという

事。つまり、ライバル会社の売上げが増えたと

いうことです。

大切なのは、「ライバル会社は、お客様を奪い

ながら、サービスの不足を教えてくれている」

と認識することです。

「しまった」「やられた」「大変だ」だけで

終わってしまっては本当に「大変」なことに

なります。

「どうしてそうなったのか」「何が足りなかった」

のか、しっかりと分析し、対策を講じ、その後の

方針に反映させていかねば、どんどん負けて

いってしまいます。

「お客様」と「ライバル」は、こちらの都合に

合わせてはくれません。だからこそ、その変化を

察知して、経営計画書を毎年書き換える事です。

 

では、また。・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・・「安心」
手を抜き始め、物事がダメになる出発点です。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ