コミュニケーションを深めるために

2018.12.21(金)

職場の同僚(チーム・部署のメンバー)と

もっと深いコミュニケーションをとりたい

けれど、いったいどうすればいいのか?と、

思い悩む管理職はきっと多いでしょう。

そこで、私の考える大切なポイントを幾つか

紹介します。

 

1. メンバーの基本的な情報を覚える
先ずは家族構成。一人暮らしなのか、家族
と同居か、伴侶は働いているか、病気介護の
家族を抱えていないか・・・
あとは趣味や嗜好など興味関心を持っている
分野も知っておいた方がいい。食いつき易い
ネタを持っていると、コミュニケーションが
とり易いです。

 

2. 普段の挨拶をきちんと行う
挨拶は、人間関係を円滑にする潤滑油。相手を
見て、しっかりと声を出して挨拶をする。
これは、「あなたの存在を認めていますよ」
という証になります。(勿論、笑顔で)

 

3・問いかける
管理職はメンバーの良き理解者・相談相手に
ならなければなりません。そのために、「話し
かける」ではなく「問いかける」ことを意識
するといいです。「困ったことはない?」「気に
なることはない?」と気にかけてもらえれば
嬉しいものです。そうすれば、ちょっと相談
してみようか。と思うようになるものです。
「相談しやすい環境を作るのは上司の義務」
と心得ましょう。

 

他にも色々ありますし、この3つの中にも

さらに細かなポイントがありますが、取り敢えず

自分なりの解釈と方法で構いませんから、この

3つを意識して、部下との付き合い方、コミュニ

ケーションのとり方を構築していって下さい。

では、また。・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・・「言い訳」
適当にごまかすことです。できない理由を述
べることです。自己防衛のことです。自分が
できないとか無能であるということを、アピ
ールしていることに気づいていない人のやる
ことです。進歩の敵です。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ